仮想通貨と電子マネーは違うもの?それぞれの特長について

仮想通貨と電子マネーは違うもの?それぞれの特長について

仮想通貨と電子マネーは違うもの?それぞれの特長について

 

仮想通貨と電子マネー

 

仮想通貨について、日本ではまだまだあまり理解されていないようです。多くの人が思っているのは、仮想通貨とは電子マネーのようなものという認識です。仮想通貨と電子マネーではどう違うのか、それぞれの特長についても説明したいと思います。

 

 

 

電子マネーでよく知られているのは、鉄道やバスなどで使うことができるICカードです。自動改札機のカード読み取り部にICカードをタッチすれば、鉄道会社の垣根を越えて決済できるというものです。

 

 

 

また、ショッピング用の電子マネーもあり、やはりカードをレジにタッチするだけで支払いは終わります。最近ではスマートフォンが電子マネーの役割を果たすことも多いですね。

 

 

 

普通の電子マネーは、カードの中にお金が無くなれば入金、即ちチャージする必要がありますが、チャージの必要がないクレジットカード一体型の電子マネーもあります。

 

仮想通貨と電子マネーは違うもの?それぞれの特長について

 

仮想通貨の場合、たとえばビットコインを取り扱っている店で支払いを済ませようと思うと、店側が提示したタブレットなどのQRコードにスマホをかざすだけで決済ができます。

 

 

 

いわば電子マネーでいうおサイフケータイのようなもので、現金のやり取りがないという点では、仮想通貨も電子マネーと似ていると思えます。ところが、両者は全然違うのです。

 

 

 

電子マネーでの単位は、日本ではあくまでも日本円です。もちろん、その電子マネーを使うことができる店でしか通用しません。

 

 

 

電子マネーに入っているお金を現金に戻すことも不可能です。つまり、電子マネーを売買することはできません。

 

 

 

電子マネーとは、支払いを便利にする道具に過ぎないのです。財布からわざわざ現金を出して、おつりを受け取る手間などを省いたのが電子マネーで、それ以上でもそれ以下でもありません。

 

仮想通貨は通貨として通用する

 

それに対し仮想通貨は、たとえばビットコインだとそれ自体が独立した通貨なのです。日本でビットコインを買う場合は、大抵は日本円で行いますが、買った後はビットコインという通貨単位になります。

 

 

 

ビットコインは、利用者の間では世界中の誰とでもやり取りが可能です。ビットコインを売買することもでき、日本円はもちろん米ドルなど他国の法定通貨に換金できます。

 

 

 

さらに、ビットコインのみならずあらゆる仮想通貨でも換金は可能で、仮想通貨同士のやり取りもできるのです。また電子マネーに入っているお金は、たとえば1万円なら1万円で変わることはありませんが、仮想通貨は常に価格が変動しています。

 

 

 

電子マネーは現金を電子化しただけのものですが、仮想通貨は存在自体が通貨として通用するものです。したがって、仮想通貨には投資できますが、電子マネーには投資できません。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設