凄い勢いで成長する仮想通貨の時価総額はいくらに?

凄い勢いで成長する仮想通貨の時価総額はいくらに?

凄い勢いで成長する仮想通貨の時価総額はいくらに?

 

仮想通貨の時価総額

 

仮想通貨の価値は、時価総額という形で示されます。時価総額とは、仮想通貨の通貨発行量に市場価格を掛けた額のことです。現在、仮想通貨の時価総額は凄い勢いで成長しています。

 

 

 

仮想通貨の中では、2017年12月の時点で最も時価総額が高いのはビットコインで、全体のシェア約6割を占めます。同年12月7日には、ビットコインの時価総額が28兆円を突破しました。

 

 

 

これは、日本でトップの時価総額を誇る世界的自動車メーカーを抜く数字です。国家予算で言えば世界のベスト15に匹敵する額なのです。

 

 

 

同年11月の段階では、仮想通貨全体の時価総額が22兆円だったのですから、凄い成長率と言えます。

 

凄い勢いで成長する仮想通貨の時価総額はいくらに?

 

ビットコインの価格は、同年11月1日に1ビットコインが約77万円だったのに対し、1ヵ月後の12月1日には約123万円に跳ね上がりました。さらに、12月8日には遂に200万円を突破したのです。

 

 

 

同年の1月1日での1ビットコインは約11万円だったのですから、11ヵ月の間に18倍以上も値上がりしたわけです。ビットコインは同年8月1日に分裂を起こしてビットコインキャッシュを誕生させ、10月24日には再び分裂してビットコインゴールドが誕生したのにもかかわらず、その勢いは留まることを知りません。

 

 

 

ビットコインは2009年1月3日に誕生し、そのときはまだ無価値でしたが、同年10月5日に初めて価格が提示されたときの値段は1ビットコインが僅かに0.07円でした。つまり、それから8年2ヵ月でビットコインの価値は約2,857万倍に膨れ上がったのです。

 

新しい仮想通貨

 

仮想通貨はビットコインだけではありません。新しい仮想通貨は次から次へと誕生しています。

 

 

 

前述した、2017年10月24日に誕生したビットコインゴールドは、12月の時価総額ランキングで早くも7位に登場しています。8月1日に誕生したビットコインキャッシュも、すっかりベスト3の常連となりました。

 

 

 

こうしてみるとビットコイン系が強いように思えますが、常に2位の座をキープしているイーサリアムも安定した時価総額を保っています。今は圧倒的な時価総額を誇るビットコインも、今後はどうなるのかわかりません。

 

 

 

ビットコインキャッシュは、ビットコインの欠点を補う形で誕生しました。ブロック容量はビットコインの8倍となっています。

 

 

 

さらに2018年5月までには、ビットコインといえばビットコインキャッシュのことを指すようになるだろうと発表されました。にわかには信じがたいことですが、2017年12月現在でダントツの1位となっているビットコインでさえ、僅か半年後には衰退するかも知れないというのです。

 

 

 

今後、仮想通貨の時価総額は増えていく一方になると思いますが、その額は全く予想もつきません。仮想通貨全体の時価総額で言えば、10年後には220兆円になるという予測がありますが、それとて今の勢いではもっと早く実現する可能性があるのです。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設