仮想通貨は万能じゃない?考えられるデメリットについて

仮想通貨は万能じゃない?考えられるデメリットについて

仮想通貨は万能じゃない?考えられるデメリットについて

 

仮想通貨のデメリット

 

仮想通貨は世界経済の流れを変える、画期的な通貨だとも言われています。しかし、仮想通貨とて万能ではありません。仮想通貨に関して、考えられるデメリットにはどういうものがあるのでしょうか。

 

 

 

仮想通貨のデメリットとしてまず挙げられるのは、価格が安定していないことです。仮想通貨で最も時価総額が高いビットコインですら、2017年の約1年間で20倍近くも価格が高騰しました。

 

 

 

価格が高騰するのはいいことのように思えますが、実は安定していない証拠です。また、高騰があれば暴落もあるのが経済の世界と言えるでしょう。

 

 

 

日本が戦争にでも巻き込まれない限り、日本円が仮想通貨ほど高騰や暴落を繰り返すなんて考えられません。安定していない通貨は、それだけ信用されていないのです。

 

仮想通貨は万能じゃない?考えられるデメリットについて

 

海外でも特に政情が不安定な国やインフレーションが激しい国では、法定通貨よりも仮想通貨の方が信用できるため、ビットコインなどが普及しています。そういう国では銀行口座すら持っていない人が多いので、携帯電話さえあれば決済できる仮想通貨の方が便利なのです。

 

 

 

しかし日本では日本円が安定しているために、わざわざ仮想通貨を利用しようとする人が少なく、そのため決済手段として仮想通貨が普及しているとは言えません。

 

 

 

したがって、投資目的で仮想通貨を持つ人はいても、仮想通貨を通貨として利用しようとする日本人はまだまだ少数派です。そのため、ビットコインなどを持っていても使う場所が少ないのが現状です。

 

仮想通貨は実体のない、インターネット上の数字

 

仮想通貨とはその名のとおり実体のない、インターネット上の数字に過ぎません。つまり仮想通貨が泥棒や空き巣に盗まれることはありませんが、ハッキングに遭う可能性が高くなります。

 

 

 

そのため、仮想通貨のセキュリティは現金よりも万全にしておかなければなりません。警備会社に頼んで仮想通貨を守ってもらうわけにはいかないのです。

 

 

 

ウォレットと呼ばれる仮想通貨の財布は、インターネット上ではなくオフラインで管理するのがいちばんですが、パスワードやアドレスがわからなくなると仮想通貨は引き出せなくなります。

 

 

 

何よりも、仮想通貨によって大儲けする人がいる反面、大損してしまう人も大勢いることを忘れてはいけません。他の投資に比べて価格が安定していないので、必勝方法などないのが現状です。

 

 

 

あまりにも破産する人が多くなったり不正が続出したりすると、特定の国から規制がかかり、仮想通貨が本来持つべき自由に流通する通貨という特性が失われてしまいます。

 

 

 

仮想通貨は誕生してから10年にも満たないという、これからどうなるのかわからない世界です。仮想通貨を発展させるのも衰退させるのも、我々利用者にかかっていると言えるでしょう。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設