初心者が仮想通貨をするならセキュリティ対策を万全に

初心者が仮想通貨をするならセキュリティ対策を万全に

初心者が仮想通貨をするならセキュリティ対策を万全に

 

仮想通貨のセキュリティ対策

 

仮想通貨でよく、ハッキングされて大損したというニュースが流れています。初心者が、いや仮想通貨を取り引きする全ての人が、セキュリティ対策を万全にする必要があるのです。それでは、どんなセキュリティ対策があるのでしょうか。

 

 

 

2014年3月、ビットコイン交換所のマウントゴックスがハッキングされ、大量のビットコインが消失する事件が起きました。ビットコインをはじめとする仮想通貨がいくら安全に運営されていても、取引所が脆弱だったら簡単に仮想通貨を盗まれてしまうのです。

 

 

 

2017年4月1日に仮想通貨法が施行され、利用者の利益が守られるようになったからといって、仮想通貨に関するセキュリティは基本的に自己責任です。仮想通貨という大切な資産を守るためのセキュリティ対策には、以下のようなものがあります。

 

 

 

仮想通貨を売買するとき、必ず取引所に登録しますが、パスワードの管理は万全に行ってください。できるだけ長くて複雑なパスワードにしてハッキングされにくくするのはもちろん、パスワードを紙に書いたりパソコンのメモ帳に書いておいたりして、絶対に忘れないようにしましょう。

 

 

 

いくらハッキングされなくても、パスワードを忘れてしまうと、購入した仮想通貨を取り出せなくなります。また複数の取引所に登録する場合は、流用せずに全て違うパスワードにしてください。

 

 

 

さらに、仮想通貨以外のインターネットサービスと同じパスワードは使用しないようにしましょう。

 

二段階認証

 

そして、二段階認証は必ず行ってください。これを怠ると、ハッキングされたときに盗難保険も下りなくなります。

 

 

 

二段階認証をしないということは、金庫にお金を入れたのに鍵をかけないようなもので、どうぞ盗んでくださいという状態なのです。

 

初心者が仮想通貨をするならセキュリティ対策を万全に

 

二段階認証を行ったからといって絶対に安全というわけではありませんが、必ずやっておかなければならない最低限のセキュリティ対策です。

 

仮想通貨はオフラインで管理

 

また、購入した仮想通貨オフラインで管理しましょう。取引所に大金を預けたままだと、いつハッキング被害に遭うのかわかりません。

 

 

 

オフライン管理には、紙にアドレスなどを書いておくペーパー型ウォレットや、USBのようにパソコンに差し込んで仮想通貨を保管するハードウェア型ウォレットなどがあります。

 

 

 

これらはオフラインですのでハッキングされることはありませんが、紛失するとやはり仮想通貨は取り出せなくなるので、管理は万全に行いましょう。

 

 

 

仮想通貨がせっかく値上がりしても、ハッキングされたり取り出せなくなったりすれば、何の意味もありません。大切な仮想通貨、いつでも使うことができるように自分でしっかりと管理してください。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設