仮想通貨のハードフォークとは?注目のニュースについて

仮想通貨のハードフォークとは?注目のニュースについて

仮想通貨のハードフォークとは?注目のニュースについて

 

仮想通貨のハードフォーク

 

仮想通貨のニュースを見ていると、よくハードフォークという言葉が出てきます。ハードフォークとは、どういう意味なのでしょうか。仮想通貨に関する注目のニュースを追ってみましょう。

 

 

 

2017年12月現在、仮想通貨の時価総額ランキングで圧倒的な1位を誇っているのがビットコインです。今、この原稿を書いている時点でも、数日中にビットコインのハードフォークが行われるだろうと言われています。

 

 

 

しかも、1回だけではなく数回です。ダントツの人気を誇るビットコインが何度もハードフォークを起こすということは、ハードフォークとは人気の証なのでしょうか。実は、そういうわけではありません。

 

 

 

フォークとは食器のフォークをイメージすればわかるように、食物を刺す部分が何本かに分かれています。つまり、仮想通貨におけるフォークとは、分岐のことを意味するのです。

 

 

 

その分岐がハードに行われるのがハードフォークです。仮想通貨でハードフォークが起きると、その仮想通貨が分裂することがあります。

 

仮想通貨の分裂

 

実際に2017年8月1日、ビットコインはハードフォークによってビットコインキャッシュと分裂ました。ビットコインがハードフォークした原因は、スケーラビリティ問題です。

 

 

 

ビットコインは取引量が増大したために、ブロック容量が足りなくなって、送金時間が遅くなったり取り引きを一時停止したりする羽目に陥りました。そこで、データを圧縮して危機を乗り切ろうとするグループと、ハードフォークしてブロック容量を増やそうとするグループに分かれたのです。

 

 

 

データを圧縮する派はそのままビットコインを継続し、ハードフォーク派はビットコインキャッシュを誕生させました。つまり、ビットコインに起きた問題がハードフォークを実行させたのです。

 

仮想通貨のハードフォークとは?注目のニュースについて

 

ちなみにデータを圧縮したことは、ブロック容量が変わらずそのままビットコインを存続させたので、ソフトフォークと呼ばれています。

 

 

 

ハードフォークが起きると、既存のブロックチェーンから分岐して新しいブロックチェーンが作成されるので、それまでの仮想通貨が使えなくなります。そのため、ハードフォークが起きると仮想通貨が分裂するのです。

 

 

 

といってもハードフォークにも種類があって、分裂しないハードフォークもありますが、その仮想通貨にとっては転換期だとも言えます。

 

 

 

ハードフォークは分裂を生むことが多いため、あまりいいニュースには思えませんが、アップデートが行われるので仮想通貨が進歩することにも繋がります。またハードフォークによって価格が大きく変動したり、新しい仮想通貨が生まれたりするので、これからもニュースに注目してください。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設