初心者が仮想通貨へ投資をするならチャートの見方を覚えよう

初心者が仮想通貨へ投資をするならチャートの見方を覚えよう

初心者が仮想通貨へ投資をするならチャートの見方を覚えよう

 

仮装通貨のチャート

 

仮想通貨に投資するとき、チャートの見方が重要になってきます。しかし、初心者の中にはチャートの見方がわからないという人は多いのではないでしょうか。

 

 

 

それでは仮想通貨への投資が失敗する可能性が高くなるので、チャートの見方を覚えましょう。

 

 

 

気象予報士が数日間の天気図を元に気圧の動きを見て天気を予想するように、仮想通貨の値動きもチャートを見てある程度は予測できます。チャートとは仮想通貨取引所などで示されているグラフのことです。

 

 

 

グラフの線が上にあるときには価格が上昇し、下のときは下降しているということはわかると思います。それ以外の、細かい記号なども見てみましょう。

 

チャートの見方

 

チャートには、ローソク足と呼ばれる線があります。太い線で示されており、その上下に細い線が伸びている形がローソクに似ていることから、そう呼ばれます。

 

 

 

ローソク足の太い部分を柱、上の細い線は上ヒゲ、下の細い線を下ヒゲと呼びます。ローソク足には2種類あり、上昇するローソク足を陽線、下降するローソク足を陰線と呼んでいます。陽線と陰線は色によって区別されますが、その色は取引所によって違います。

 

 

 

陽線の場合は上ヒゲのいちばん上が高値、下ヒゲのいちばん下が安値となり、柱の下端が始値で上端が終値となります。

 

 

 

陰線の場合、上ヒゲと下ヒゲは陽線と同じですが、柱は逆に上端が始値で下端が終値です。したがって、陽線は価格の上昇を、陰線は下降を現しているわけです。

 

初心者が仮想通貨へ投資をするならチャートの見方を覚えよう

 

陽線の柱が長い場合は大陽線と言って価格が大きく上昇し、陰線の柱が長い場合は大陰線と言って価格が大きく下降していることを意味します。大陽線のときは価格が上昇するサインと言われ、大陰線のときは今後も下降すると予測されます。

 

 

 

逆に陽線の柱が短ければ小陽線で価格が小さく上昇、陰線の柱が短ければ小陰線で価格が小さく下降していることになります。小陽線や小陰線のときは、価格が比較的安定しています。

 

 

 

また十字線と呼ばれる状態のときは、始値と終値が全く同じということを指します。十字線が現れたときは転換期で、十字線が安値のときに示されれば価格の上昇、高値のときは下降の前兆と言われています。

 

 

 

チャートの見方としては他にも1分足や1時間足、日足、週足、月足など期間の長さによって見ることができます。その際でも、ローソク足の見方は同じです。短い期間の足では細かく、長い期間の足では長い目でレートを予測することが可能です。

 

 

 

仮想通貨は歴史が浅いだけに、価格の上下を予測するのはプロでも難しいのです。しかし仮想通貨の基礎を知るためにも、チャートの見方をしっかりマスターしましょう。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設