初心者が抱える不安要素と仮想通貨の将来性について

初心者が抱える不安要素と仮想通貨の将来性について

初心者が抱える不安要素と仮想通貨の将来性について

 

仮想通貨の将来性

 

仮想通貨について、あまり良いイメージを持っていない人はまだまだ多いと思います。他人から仮想通貨を勧められても、懐疑的に思う人がほとんどではないでしょうか。初心者が不安に思う要素と、仮想通貨の将来性について考えてみましょう。

 

 

 

仮想通貨の存在を日本に広く知らしめたのは、2014年3月に起きたマウントゴックス事件です。ビットコイン取引所のマウントゴックスがハッキングされ、約114億円相当のビットコインが盗難被害に遭いました。

 

 

 

当時のビットコインはまだそんなに値が上がってなかったので、現在に換算すると約500億円になっていたのではないかとも言われています。マウントゴックス事件により、ビットコインなどの仮想通貨は危ない貨幣だというイメージが定着しました。

 

 

 

しかし、この事件で大きな損失が出たのはマウントゴックスが脆弱だっただけで、ビットコインが脆弱だったわけではありません。マウントゴックスでビットコインの取り引きしていた人は大損しましたが、ビットコインそのものはその後も健全に運営されていたのです。

 

 

 

その意味でも、仮想通貨を利用しようとするときには、取引所の選び方は非常に重要だと言えます。さらに、仮想通貨はレートの変動が非常に激しいので、安全な取引所で売買しても損することはあるでしょう。

 

 

とはいえ、それは仮想通貨に限ったことではなく、株などでも投資には必ずリスクは付いて回ります。

 

仮想通貨の魅力

 

仮想通貨の最大の魅力は、大いなる将来性があるということです。マウントゴックス事件で大きなダメージがあったにもかかわらず、ビットコインの値は上がり続けています。

 

 

 

ビットコイン以外の仮想通貨も次々に現れて、2017年は仮想通貨元年とさえ言われました。さらに同年4月1日には仮想通貨法が施行され、日本でも仮想通貨は資産と認められるようになりました。

 

初心者が抱える不安要素と仮想通貨の将来性について

 

マウントゴックス事件での裁判では、仮想通貨はゲームコイン扱いだったのですが、この法律により仮想通貨は事実上の貨幣と定義されたのです。

 

 

 

国際的には仮想通貨は、従来の法定通貨に比べて手数料が圧倒的に安く、しかも決済が簡単なので盛んに取り引きが行われています。日本政府も国際的な流れに乗り遅れないよう、仮想通貨に本腰を入れ始めたと言えるでしょう。

 

 

 

現在の日本では、ビットコインで支払うことができる店舗が急増しており、今後はもっと増えていくのは確実です。海外企業との取り引きが多い日本の大企業でも、無駄な経費と時間がかからない仮想通貨には注目しており、仮想通貨は大きな可能性を秘めた成長市場なのです。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設