仮想通貨へ投資したら確定申告は絶対にしなければならないのか

仮想通貨へ投資したら確定申告は絶対にしなければならないのか

仮想通貨へ投資したら確定申告は絶対にしなければならないのか

 

仮想通貨に関する税金

 

仮想通貨への投資で利益が出たら嬉しいものですが、気になるのは税金です。確定申告は、仮想通貨の場合でも絶対にしなければならないのでしょうか。仮想通貨に関する税金について考えてみたいと思います。

 

 

 

結論から言えば、仮想通貨での売買で利益が出た場合、確定申告は必ず行わなければなりません。確定申告を行わなければ、追徴課税を支払う義務が発生します。

 

 

 

したがって、仮想通貨で利益が出た場合は必ず確定申告を行ってください。ただし、仮想通貨はまだまだ発展途上の分野であり、法整備が追い付いていない部分もあります。

 

 

 

そのため、今後は法律が変わっていくかも知れませんが、2017年現在の状況をお伝えします。

 

仮想通貨で得た利益は所得税の課税対象

 

まず、仮想通貨で得た利益所得税の課税対象となります。所得税の中でも雑所得となりますが、これは個人での取り引きの場合ということになります。

 

 

 

法人での取り引きの場合は事業所得ということになりますが、初心者の場合は法人と認められることはまずないので、今回は雑所得について説明します。

 

 

 

課税のタイミングとしては、仮想通貨を円に換金したときに所得税が発生します。たとえば1ビットコインが100万円のときに100万円でビットコインを購入して、1ビットコインが200万円になったときに1ビットコインを売れば200万円が手に入り、買ったときの100万円分が相殺されて100万円の利益が出ます。

 

 

 

この場合、100万円が所得税の課税対象になるわけです。上記の状況で、0.5ビットコインを売れば100万円が手に入るわけですが、50万円の利益があったと計算されるので50万円が課税対象となります。

 

仮想通貨へ投資したら確定申告は絶対にしなければならないのか

 

さらに、0.5ビットコインで100万円分の商品を購入した場合でも、50万円に所得税がかかってきます。ビットコインで他の仮想通貨を買ったときでも同じで、1ビットコインで200万円分のイーサリアムを購入したとすれば、100万円が課税対象になるわけです。

 

 

 

なお、1ビットコインを他の取引所に移した場合は、個人としては仮想通貨を保持したままと解釈されるので、所得税は発生しません。気を付けていただきたいのは、年をまたいだときには利益の相殺ができないことです。

 

 

 

たとえば100万円分のビットコインを買ってそれが200万円になり、それでイーサリアムを買ったものの100万円に値下がりしてそのまま保持し、翌年になってイーサリアムを日本円に換金した場合、利益は全くないのに前年分の利益である100万円にかかる所得税を払わなければなりません。

 

 

 

税金は非常に難しく、特に仮想通貨の場合はレートの動きが複雑なので、こまめに記録を残しておいた方がいいでしょう。なお筆者は税理士ではなく、法律により税金に関するアドバイスはできないので、詳しくは税理士にご相談ください。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設