仮想通貨リスクは価格上昇中?可能性の高さに注目しよう

仮想通貨リスクは価格上昇中?可能性の高さに注目しよう

仮想通貨リスクは価格上昇中?可能性の高さに注目しよう

 

仮想通貨のリスク

 

リスクという仮想通貨があります。やはり仮想通貨にはリスクが付き物だから、という意味ではなく、リスクとは仮想通貨の名称なのです。リスクは価格が上昇していると評判ですが、どんな可能性があるのでしょうか。

 

 

 

あまりいい名称には思われないかも知れませんが、リスクのスペルはLiskであり、危険を伴うという意味のriskではありません。リスクが公開されたのは2016年5月のことです。

 

 

 

誕生した経緯は、ICOで資金調達を行い、Cryptiというプロジェクトのハードフォークがリスクでした。リスクはその後、順調に人気を獲得し、2017年12月現在では時価総額で20位以内に入る仮想通貨です。

 

リスクの特長

 

リスクの特長は、スマートコントラクトを実装していることです。スマートコントラクトと言えば、仮想通貨の時価総額でビットコインに続く2位をずっとキープしているイーサリアムが採用しているシステムです。

 

 

 

スマートコントラクトとは賢い契約という意味であり、ブロックチェーン上には通貨のやり取りだけではなく、契約まで記録できるというものです。そのため、スマートコントラクトは仮想通貨のみならず、あらゆる業界から注目されている技術なのです。

 

 

 

イーサリアムとの違いは、スマートコントラクトをメインチェーンに記載するイーサリアムに対し、リスクはサイドチェーンに記載します。サイドチェーンに記載することにより、アプリケーションを書き換えてハッキング被害を防いでいるのです。

 

 

 

つまり、メインチェーンを書き換える必要がなくなるわけです。かつてTheDAO事件が起きたとき、TheDAOがハッキングされたためにイーサリアムはハードフォークが実行されて、イーサリアムクラシックと分裂しました。

 

仮想通貨リスクは価格上昇中?可能性の高さに注目しよう

 

しかしリスクの場合は、同様の事件が起きてもハードフォークの必要はないのです。ややこしい言い方になりますが、イーサリアムに比べてリスク(Lisk)はリスク(risk)が少ないということになります。

 

 

 

ブロックの生成の早さもリスクの特長となっています。ビットコインはブロック生成に約10分かかりますが、リスクの場合は約10秒です。

 

 

 

つまりリスクは処理能力が優れているわけです。なお、ビットコインでマイニングと呼ばれている作業のことを、リスクではフォージングと呼んでいます。

 

 

 

2017年11月頃から、リスクは急高騰しました。スマートコントラクトの可能性が価格の高騰を生み、またイーサリアムほど値段が高くないことから、リスクの将来性が見込まれているのです。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設