実用性の高い仮想通貨のダッシュが優れるポイントとは

実用性の高い仮想通貨のダッシュが優れるポイントとは

実用性の高い仮想通貨のダッシュが優れるポイントとは

 

仮想通貨のダッシュ

 

ダッシュとは、時価総額で常にベスト10に入る人気の仮想通貨です。それどころかベスト5圏内にも入ることも多いのです。実用性が高いと評判のダッシュが、仮想通貨として優れているポイントを見ていきましょう。

 

 

 

ダッシュは元々XCoinという名称で2014年1月18日にリリースされました。その僅か1ヵ月後の2月28日にはダークコインと改称されたのです。

 

 

 

ダッシュが現在の名称になったのは2015年3月25日のことでした。ダッシュ(DASH)というと今にも走り出しそうな名前ですが、Digital Cashという英語から取っています。

 

 

 

ダッシュはビットコインのフォーク(分岐)から生まれた仮想通貨のため、ビットコインに似た特徴を持っています。

 

 

 

ダッシュの最大の特長は、匿名性の高さです。2番目の名称であるダークコインという名称は、暗くて内容が見えないという意味から名付けられました。

 

 

 

ダークコインと呼ばれていた頃、ダークセンドという送金機能を備えていました。ダッシュと改称した現在、ダークセンドはプライベートセンドという名称になっています。内密に(private)送る(send)というわけです。

 

ダッシュの特長

 

ダッシュが持つプライベートセンドこそが、ビットコインとの最大の違いです。ビットコインの場合、仮想通貨のやり取りが全ての利用者にわかるようになっています。

 

 

 

たとえばAさんからBさんに1ビットコインが渡れば、その事実が暗号により公開されるのです。ビットコインは、その透明性で不正が起こらないようにしています。

 

 

 

それに対しダッシュでは、Aさんが1ダッシュを誰かに渡し、Bさんが誰かから1ダッシュを受け取ったことはわかりますが、AさんとBさんとの間にダッシュの受け渡しがあったことまではわかりません。それがプライベートセンドと呼ばれる所以なのです。

 

実用性の高い仮想通貨のダッシュが優れるポイントとは

 

また、ダッシュがビットコインよりも優れているのは、送金時間が圧倒的に短いということです。ビットコインでは決済に約10分もかかりますが、ダッシュでは約1.4秒で済んでしまいます。

 

 

 

このスピード決済を可能にしているのが、インスタントセンドという機能です。インスタントセンドにより一瞬で決済が完了するため、その間にレートが変わるということがありません。もちろん、二重支払いなども起こらないのです。

 

 

 

ダッシュは匿名性の高さと決済の早さで、実用的という評価を得ることができました。そのためダッシュは今後、一般社会に広がっていくことが期待されているのです。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設