投資家の注目を集める仮想通貨モナコインの特長について

投資家の注目を集める仮想通貨モナコインの特長について

投資家の注目を集める仮想通貨モナコインの特長について

 

仮想通貨のモナコイン

 

モナコインは日本初の仮想通貨です。時価総額ランキングではベスト10に入ったことがない仮想通貨ですが、今後は成長が見込まれています。投資家にも注目されるモナコインとは、どんな特長を持った仮想通貨なのでしょうか。

 

 

 

モナコインが誕生したのは2014年1月1日です。インターネット上の巨大掲示板として知られる2ちゃんねるから生まれました。

 

 

 

まさしくインターネット時代の申し子とも言える仮想通貨ですが、2ちゃんねるらしくモナーという可愛いネコの図柄になっています。2ちゃんねるが運営者というわけではなく、ビットコインと同じように運営元は存在しません。

 

 

 

モナコインの師匠とも言うべき仮想通貨がライトコインです。ライトコインのプログラムによってモナコインが生み出されたのです。

 

 

ライトコインといえばビットコインから派生した仮想通貨で、つまりモナコインはビットコインにも似た面があると言えるでしょう

 

 

 

しかし、取り引きの早さではブロック生成に約10分もかかるビットコインを上回っており、モナコインは約90秒で済んでしまいます。師匠格のライトコインですら約150秒ですから、モナコインの早さがわかるでしょう。

 

モナコインには優れた技術がある

 

モナコインは2ちゃんねるから発生したとあって、図柄も仮想通貨っぽくないところから、最初の頃は2ちゃんねる専用のコインぐらいにしか扱われていませんでした。

 

 

 

ところが、なかなかどうしてモナコインには仮想通貨として優れた技術があるのです。そのひとつがSegwitです。Segwitとは、データを圧縮するための技術ですが、それを世界で初めて導入した仮想通貨がモナコインでした。

 

 

 

2017年8月1日、ビットコインはハードフォークを起こしてビットコインキャッシュが誕生しました。

 

投資家の注目を集める仮想通貨モナコインの特長について

 

ビットコインは取引量が増えすぎたためブロックにデータが入りきらないという問題が起きましたが、ビットコインキャッシュはブロック容量を増やして問題の解決を図ろうとし、ビットコインはデータを圧縮することによりブロック容量を変更しなかったのです。

 

 

 

その際、データの圧縮方法として注目されたのがモナコインのSegwitでした。いわばモナコインの技術が、最も取引量が多い仮想通貨であるビットコインの危機を救ったのです。

 

 

 

純国産の仮想通貨として日本では注目を集めていたモナコインですが、世界全体のランキングとしては決して高くありません。しかし、モナコインの技術が見直されて今後は成長が見込まれるので、ビットコインなどに比べて価格が圧倒的に安い今がまさしく買い時と言えるでしょう。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設