仮想通貨のビットコインキャッシュとは?ビットコインと違うのか

仮想通貨のビットコインキャッシュとは?ビットコインと違うのか

仮想通貨のビットコインキャッシュとは?ビットコインと違うのか

 

仮想通貨のビットコインキャッシュ

 

最も有名な仮想通貨といえばビットコインですが、ビットコインキャッシュという紛らわしい名前のものもあります。ビットコインとビットコインキャッシュではどう違うのでしょうか。ビットコインキャッシュの特長についてレクチャーしたいと思います。

 

 

 

ビットコインキャッシュが誕生したのは2017年8月1日でした。名称からわかるように、ビットコインとは違い、分裂した仮想通貨になります。

 

 

 

ビットコインキャッシュは登場してから、時価総額ランキングでいきなり4位に入りました。その後もビットコインキャッシュは安定した実力を見せ、ベスト3の常連となっています。

 

 

 

そもそも、時価総額で圧倒的な首位を誇るビットコインがなぜ分裂したのでしょうか。ビットコインは取引量が増大したため、ブロックチェーン上の情報処理に手間取り、送金時間が遅れるようになったのです。

 

仮想通貨のビットコインキャッシュとは?ビットコインと違うのか

 

そしてビットコインの取り引きが一時的に停止することになりました。要するに、ブロックの容量が足りなくなったわけです。ビットコインの欠点を早急に改善する必要に迫られました。

 

 

 

そこで、データを圧縮して改善を図ろうとするグループと、ブロック容量を大きくしてハードフォークを行うグループで対立しました。ハードフォークとはアップデートのことで、仮想通貨ではハードフォークにより分裂が起こることがあります。

 

 

 

結局、データを圧縮するグループはそのままビットコインを続けるようになり、ハードフォークを行ったグループは新しい仮想通貨、ビットコインキャッシュを誕生させたのです。

 

ビットコインとビットコインキャッシュの違い

 

ビットコインビットコインキャッシュの最大の違いはブロック容量にあります。ビットコインのブロック容量は1MBですが、ビットコインキャッシュでは8MBです。

 

 

 

つまり、安定感ではビットコインキャッシュの方が圧倒的に上なのです。さらに同年11月14日には、ビットコインキャッシュはさらなるハードフォークを行いました。

 

 

 

このときには分裂は起きませんでしたが、一層の進化を遂げたということです。しかも2018年5月までには、ビットコインキャッシュが正式なビットコインと呼ばれる存在になるだろうと発表されたのです。

 

 

 

2017年の12月頃にはビットコインの高騰が続き、ビットコインキャッシュは現段階ではまだ本家には及ばないようです。しかし仮想通貨は価格の乱高下が激しいので、翌年にはビットコインキャッシュがビットコインに代わる存在になっても、何ら不思議なことではありません。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設