仮想通貨のネムとは?新技術を採用した通貨の凄さについて

仮想通貨のネムとは?新技術を採用した通貨の凄さについて

仮想通貨のネムとは?新技術を採用した通貨の凄さについて

 

仮想通貨のネム

 

時価総額ランキングで、常にベスト10圏内に入っているネムは人気の仮想通貨です。ネムは新技術を採用した仮想通貨として知られています。それでは、ネムの凄さとはどういうものなのでしょうか。

 

 

 

2017年の年末に行われた漫才大会に出場したある漫才師は、優勝した場合の賞金の使い道を訊かれて「全額ネムに継ぎ込みます」と答えました。

 

 

 

相方は「せめてビットコインと言えや」とつっこんでいましたが、一般人にも知られたビットコインではなく、一般的には無名のネムの名前を出したこの漫才師は仮想通貨を売買していたのでしょう。

 

 

 

ネムが誕生したのは2015年3月31日のことでした。ネム(NEM)とはNew Economy Movementの略で、新しい経済活動という意味です。なお、通貨単位はXEM(ゼム)と呼ばれています。

 

 

 

ネムはビットコインの欠点を補った形で生まれました。ビットコインにはマイニングコストがかかってしまいますが、ネムにはそれが必要ありません。

 

ネムの特長

 

ネムの仕組みとして使用されているのがPOIというアルコリズムです。POIとはproof of importanceの頭文字で、日本語に訳せば重要度の証明という意味です。

 

 

 

ネムのネットワークに貢献すれば、報酬としてXEMを獲得することができるのがPOIです。POIでは誰でも参加することができ、ビットコインのように高性能なコンピューターを必要とせず、個人のコンピューターでも利益を得ることができます。

 

 

 

ネムではビットコインのようなマイニングのことをハーベスティングと呼んでいます。ネムは送金時間が早いことも特長となっています。それを可能にしているのがMijinというシステムです。

 

仮想通貨のネムとは?新技術を採用した通貨の凄さについて

 

Mijinとはプロジェクトブロックチェーンのことで、セキュリティと処理能力に優れています。しかも、金融機関のコストを約9割も削減するのです。さらにMijinの能力を拡張させるのがカタパルトというプロジェクトです。

 

 

 

カタパルトの導入により、処理能力でいえばビットコインが毎秒14件、早いといわれるリップルで毎秒1,500件ですが、ネムはなんと毎秒4,000件となるのです。もちろん、現在でもネムの処理能力は抜群なのですが、カタパルトのリリースは2018年を予定しています。

 

 

 

ネムはスピード性と安全性に優れ、さらにコスト面でも優位性のある仮想通貨です。それにカタパルトの採用により一層の飛躍が期待できるネムは、将来性も含めて4拍子揃った仮想通貨と言えるでしょう。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設