仮想通貨のライトコインは安定している?その特長について

仮想通貨のライトコインは安定している?その特長について

仮想通貨のライトコインは安定している?その特長について

 

仮想通貨のライトコイン

 

ライトコインという仮想通貨があります。仮想通貨の時価総額ランキングでは常にベスト10に入るという、安定した実力を誇っています。そんなライトコインの特長を挙げていきましょう。

 

 

 

ライトコインが誕生したのは2011年10月のことです。ビットコインが生まれた2年9ヵ月後のことでした。ライトコインはビットコインから派生したものなのです。

 

 

 

そのためライトコインは、ビットコインの欠点を補う形の仮想通貨となっています。そういう経緯もあって、ビットコインは金、ライトコインは銀と表現されます。

 

ライトコインの特長

 

ビットコインの欠点は、送金の遅さです。と言っても、日本円や米ドルなど普通の法定通貨よりは比べ物にならないほど早いのですが、今では仮想通貨の中では遅い部類となっています。

 

 

 

ビットコインではブロックを作成するのに約10分かかるのですが、ライトコインは約2.5分で済みます。しかもビットコインの埋蔵量が約2,100万枚なのに対し、ライトコインでは約8,400枚となっています。

 

 

 

また、ライトコインではビットコインに先んじてSegwitを導入しました。Segwitというのは、ブロックに多くの情報を記録するために、データを圧縮する技術のことです。

 

 

 

メールで写真を送るときに、写真データが大き過ぎると送ることができないことがありますが、写真データを圧縮するとメールで送ることができます。Segwitとはわかりやすく言うと、そういう技術なのです。

 

仮想通貨のライトコインは安定している?その特長について

 

またライトコインは、ビットコインに比べてマイニングが容易になっています。そのため、ライトコインは取り引きに労力がかからず流通しやすい仮想通貨なのです。

 

 

 

2017年にライトコインは飛躍的な成長を遂げました。Segwit導入の効果があったのか、同年1月の段階では1ライトコインが約450円だったのに対し、12月の初めにはなんと11,000円以上にまで高騰したのです。

 

 

 

つまり、1年で約25倍も値段が上がったということになります。同年はビットコインが18倍以上も値上がりするという歴史的な年になりましたが、高騰率ではライトコインが上回ったのです。

 

 

 

もちろん、ビットコインに比べて元の値がずっと安かったからですが、それでもライトコインに投資をした人はかなり利益を上げました。

 

 

 

仮想通貨元年と呼ばれた2017年、ライトコインも大いに注目を集める存在となりました。2018年は前年ほどの高騰はしないでしょうが、ライトコインはまだまだ成長が見込まれる仮想通貨と言えるでしょう。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設