急激な成長を続ける仮想通貨のビットコインの特長とは

急激な成長を続ける仮想通貨のビットコインの特長とは

急激な成長を続ける仮想通貨のビットコインの特長とは

 

仮想通貨のビットコイン

 

最も有名な仮想通貨と言えばビットコインです。ビットコインは仮想通貨の代名詞的な存在で、一般社会では仮想通貨のことは理解されなくても、ビットコインという言葉は知られているようです。急激な成長を続けるビットコインの特長とは、どういうものなのでしょうか。

 

 

 

ビットコインができたのは2009年1月3日で、サトシ・ナカモトという人物の論文が現実化した仮想通貨でした。サトシ・ナカモトとは日本人らしい名前ですが、未だに正体はわかっていません。

 

 

 

なおビットコインの単位は1ビットコインという形で示されますが、最も小さいのがサトシという単位で、1サトシは1億分の1ビットコインです。

 

 

ビットコインは円やドルなどの法定通貨と違い、発行元を持たない通貨として生まれました。しかも硬貨や紙幣などは存在せず、インターネット上での数字のみで通貨として通用させたのです。

 

急激な成長を続ける仮想通貨のビットコインの特長とは

 

それを実現させたのが、ブロックチェーンという画期的な方法でした。ブロックチェーンとは分散型台帳という意味で、ビットコインの取引情報が暗号で記載されており、それを利用者全員で監視するという方法で不正を防ぐのです。

 

 

 

情報を管理するブロックは採掘という意味のマイニングと呼ばれる方法で作成され、マイニングが成功するとビットコインを発行し、採掘者と呼ばれるマイナーにはビットコインによる報酬が支払われます。

 

 

 

なお、ビットコインは発行量に上限があり、最大2,100万ビットコインとなっています。上限を定めることにより、インフレーションを防いでいるのです。

 

ビットコインの特長

 

ビットコインが日本円や米ドルなどの法定通貨よりも優れているのは、交換手数料が圧倒的に安く、しかも決済が非常に早いという点です。

 

 

 

国際間での取り引きで、円やドルにいちいち両替していては無駄な時間や経費が掛かってしまいますが、ビットコインではそんなことはありません。たとえば他国へ行くときにはその国の通貨に両替しなければなりませんが、ビットコインを使うことができればその手間は省けます。

 

 

 

最近、日本でもビットコインで支払いができる店が増えてきましたが、外国人にとって使い勝手がいいからです。他の仮想通貨はビットコインに比べてまだまだ知られていないので、使うことができる店は少ないのです。

 

 

 

2019年にラグビーのワールドカップが日本で開催される予定で、2020年には東京オリンピックが行われるので、海外から人が日本に押し寄せて来るでしょう。今後、日本ではビットコインを扱う店は激増すると予想され、誰もが普通にビットコインを使う世の中になる可能性があるのです。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設