仮想通貨への投資を失敗して借金が出来るケースと自己破産について

仮想通貨への投資を失敗して借金が出来るケースと自己破産について

仮想通貨への投資を失敗して借金が出来るケースと自己破産について

 

仮想通貨の投資失敗で借金

 

仮想通貨への投資で1億円以上を稼ぐ人のことを億り人などと言いますが、そんなニュースを見ると誰でも仮想通貨の売買をしてみたいと思うでしょう。

 

 

 

しかし、一握りの億り人の裏では、仮想通貨のために自己破産をしている人がいることを忘れてはいけません。それでは、仮想通貨への投資で失敗して借金ができるのには、どんなケースがあるのでしょうか。

 

 

 

最近、社会問題となっているのがギャンブル依存症です。競馬やパチンコなどのギャンブルにのめり込み、気が付けば膨大な借金に苦しむ人が後を絶ちません。

 

 

 

とはいえ、競馬はレースが行われていなければ馬券を買うことはできませんし、パチンコは営業時間に店へ行かなければ遊ぶことは不可能です。

 

 

 

麻雀は家でいつでもできますが、自分も含めて4人以上のメンバーを集める必要があり、実力にあまり差がない身内同士で行えば借金を背負うようなことは少ないでしょう。

 

 

 

ところが仮想通貨への投資の場合、パソコンやスマートフォンさえあれば自宅で24時間、1人で行うことが可能です。それが命取りになるのです。

 

仮想通貨で動く金額は桁違い

 

しかも仮想通貨では、動く金額が他のギャンブルとは桁違いです。前述のように億り人と呼ばれる人は1億円以上もあっという間に稼ぎますが、逆に損失も1億円以上になることがあります。

 

 

 

普通のギャンブルでは、億単位で勝ったり負けたりすることはまずありません。一般の人は、1億円も稼いだら貯金して悠々自適の生活を送ろうと思うでしょうが、実際はそれも難しいようです。

 

 

 

なぜなら、大金は人を狂わせるからです。実際にそんな大金が手に入ると、金銭感覚がおかしくなってしまうものなのです。

 

仮想通貨への投資を失敗して借金が出来るケースと自己破産について

 

仮想通貨で昨日は2億円稼いだけど、今日は3億円損しちゃったなんて軽く思ってしまいます。1億円ぐらいすぐに取り戻せるさ、とまるでゲーム感覚で億単位のお金をやり取りすることになるのです。

 

 

 

その損失額が2億円になり3億円になってしかも資金が無くなると、損したまま終わるわけにはいかないと、借金してしまうことになります。

 

 

 

金銭感覚が麻痺しているときに借金すると、その額は莫大なものになり、結局は自己破産への道を歩んでしまいます。その症状はギャンブル依存症と同じ、いや金額でいえばそれを遥かに上回るでしょう。

 

 

 

仮想通貨で自己破産しないためにも、しっかりと計画性を持って投資しなければなりません。そのためには、仮想通貨で利益を上げても損をしても、常識的な金銭感覚を保っておくことが大切なのです。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設