仮想通貨のICOとは?プレセール中に入手するリスク

仮想通貨のICOとは?プレセール中に入手するリスク

仮想通貨のICOとは?プレセール中に入手するリスク

 

仮想通貨のICO

 

仮想通貨の世界にはICOという言葉があります。ICOは未公開プレセールとも呼ばれています。それでは、プレセール中に仮想通貨を入手するリスクには、どういうことがあるのでしょうか。

 

 

 

ICOとはInitial Coin Offeringの略です。仮想通貨は取引所で取り扱われるようになることを上場あるいはローンチと言いますが、上場前に公開されるのがICOです。

 

 

 

ICOを行う目的はクラウドファンディングと呼ばれる資金集めで、それによって開発費や研究費を得ることができます。ICOは誰でも参加でき、公開前のプレセールなので参加者にとっては仮想通貨を安く購入できるというメリットがあります。

 

 

 

なお、プレセール中は指定された仮想通貨でしか購入できないので、ICOに参加する人はあらかじめその仮想通貨を所有しておく必要があります。

 

仮想通貨のトークン

 

ICOでセールされる仮想通貨はトークンと呼ばれるものです。トークンとは代用貨幣という意味で、一般社会でいえば商品券のようなものです。

 

 

 

発行者にとってこのトークンを数多く売ることができれば、それだけ多額の資金調達ができるので、上場した後の仮想通貨をスムーズに運営できます。

 

 

 

また参加者にとっては、多数のトークンが売れればそれだけ価値が上がり、値段が高騰すれば多大な利益がもたらされるのです。しかも前述したとおり未公開の仮想通貨なので、安く手に入れることができます。

 

 

 

こうしてみるとICOに参加しないと損なようにも感じますが、大きなリスクもあります。未公開プレセール中の仮想通貨は上場していないので、必ず上場されるとは限りません。

 

仮想通貨のICOとは?プレセール中に入手するリスク

 

簡単に言えば、クラウドファンディングだけ行って資金を集めておいて、そのまま上場せずに資金を持ち逃げしてしまうという詐欺のようなことも起こり得るのです。

 

 

 

せっかくICOに参加してトークンを買っても、仮想通貨が上場されなければお金をドブに捨てるようなものです。中には最初から上場する気もないのに、ICOを行う詐欺グループがいるのも事実です。

 

 

 

こうした詐欺被害に遭わないようにするためには、情報収集が何よりも大切です。

 

 

 

ICOではホワイトペーパーという企画書が公開されるので、それを理解できるぐらいには仮想通貨のことを勉強しておきましょう。ホワイトペーパーを公開しないICOもあるので、それには参加しないことです。

 

 

 

ICOを上手く利用すれば多額の利益が期待できますが、リスクがあることも知らなければいけません。リスクを回避するためにも、普段から仮想通貨についてよく調べておきましょう。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設