投資対象としての仮想通貨ってどうなの?その特長について

投資対象としての仮想通貨ってどうなの?その特長について

投資対象としての仮想通貨ってどうなの?その特長について

 

投資対象としての仮想通貨

 

一口に投資と言っても、色々な方法があります。そんな中で最近、投資対象として注目を集めているのが仮想通貨です。仮想通貨に対する投資には、どんな特長があるのでしょうか。

 

 

 

2017年12月現在で、仮想通貨の中で最も有名なのがビットコインです。ビットコインが誕生したのは2009年1月3日なので、これが仮想通貨の始まりだとするとその歴史は僅か10年足らずです。

 

 

 

したがって、投資対象としての仮想通貨は、株などに比べるとかなり浅い歴史ということになります。そのため、他の投資に比べてまだノウハウが確立されていない分野と言えます。

 

 

 

歴史が浅いが故に、仮想通貨は安定していない市場なのです。仮想通貨の中でシェアが約6割を占めるビットコインですら、価格の乱高下が激しくなっています。

 

投資対象としての仮想通貨ってどうなの?その特長について

 

しかもビットコインは、2017年8月1日に分裂を起こして、新たな仮想通貨であるビットコインキャッシュが生み出されました。紛らわしい名前なのですが、ビットコインとビットコインキャッシュは別の仮想通貨なのです。

 

 

 

さらにビットコインは同年10月24日にも分裂があり、新たにビットコインゴールドもできました。しかし、分裂して新しい通貨が生まれるなどビットコインに限ったことではなく、仮想通貨の世界では珍しくありません。

 

 

 

たとえば2017年12月現在で、仮想通貨の時価総額で2位となっているイーサリアムも、2016年6月17日にイーサリアムクラシックと分裂しています。

 

仮想通貨の最大の特長

 

仮想通貨はいつ分裂するのかわからないうえに、種類が非常に多いのも特徴です。その数は千種類とも6千種類以上とも言われ、把握している人は誰もいないでしょう。

 

 

 

数が多いということは、ビットコインのように信用を得ている仮想通貨もあれば、何の価値もないような仮想通貨が多数存在するのも事実です。しかも、ビットコインですら価格の乱高下が激しいのですから、投資対象としての仮想通貨はかなり読みにくいとも言えます。

 

 

 

しかし逆に言えば、これから新しい投資方法がどんどん開拓される分野とも言えます。全く無名の仮想通貨が、突如値上がりしたりするのですから、かなり魅力的な投資でしょう。

 

 

 

仮想通貨のトレーダーたちは、その魅力に取りつかれているのです。プロに限らず、初心者にとっても数千円単位から買うことができるので、仮想通貨は始めやすい投資と言えるでしょう。

 

 

 

仮想通貨の最大の特長は、値の上下が激しいうえに種類が多いことです。仮想通貨で投資をする場合は、レートを常に監視して、今は安くても将来的には値段が上がりそうな仮想通貨を選ぶことが大切なのです。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設