仮想通貨の保管に使用するウォレットの種類と特長について

仮想通貨の保管に使用するウォレットの種類と特長について

仮想通貨の保管に使用するウォレットの種類と特長について

 

仮想通貨のウォレット

 

仮想通貨の保管場所にウォレットというものがあります。財布という意味で、仮想通貨における銀行口座とも言えるでしょう。ウォレットにも色々種類がありますが、それぞれにどんな特長があるのでしょうか。

 

 

 

まずはクライアント型ウォレットです。その中でも完全型と簡易型があり、完全型はブロックチェーンをダウンロードしてデスクトップ上で使うというものです。

 

 

 

ただし、この方法は膨大な量をダウンロードするために時間がかかり、またパソコンに充分な空き容量がないとダウンロードできません。

 

 

 

簡易型のクライアントはブロックチェーンをダウンロードするわけではないので、スマートフォンでも使うことができます。クライアント型ウォレットはウィルス対策をしっかり行い、またバックアップしておくことが大切です。

 

オンライン型ウォレット

 

オンライン型ウォレットというものもあります。こちらはインターネット上でのウォレットとなりますが、簡単に利用できて非常に便利です。

 

 

 

しかし、オンラインですので当然のことながらハッキングされる可能性が高いため、対策をしっかりとしなければなりません。特に二段階認証は必須です。

 

仮想通貨の保管に使用するウォレットの種類と特長について

 

パスワードもできるだけ長く、できるだけ複雑で難解な英数記号の組み合わせにしておきましょう。オンライン型ウォレットは便利なので作っておきたいでしょうから、利用する場合は少額にしておいた方が無難です。

 

オフライン型ウォレット

 

オンライン型ウォレットと対照的なのがオフライン型ウォレットです。コールドストレージとも呼ばれ、こちらはオンライン型ウォレットと違って、ハッキングされる心配はありません。

 

 

 

ペーパー型ウォレットという方法では、紙にアドレスなどを印刷しておくのです。安全性という点では完璧ですが、そのかわり紛失する可能性もあります。

 

 

 

紙が火事などで焼けたり、印刷した文字が消えたりしてしまっては、仮想通貨を永遠に取り出せなくなります。そのため印刷が絶対に消えないような紙を使ったり、何枚か印刷したりするという工夫が必要ですが、紙そのものも盗難されないようにしなければなりません。

 

ハードウェア型ウォレット

 

オフライン型でもハードウェア型ウォレットでは、やはりペーパー型と同じく安全性が高いのが特長です。

 

 

 

そのかわり、ハードウェアが壊れてしまえばやはり仮想通貨を取り出せなくなるので、故障しないように注意しましょう。仮想通貨用のハードウェア型ウォレットはネット販売などで購入できます。

 

 

 

ウォレットにはそれぞれに一長一短があります。自分に合ったウォレット、あるいは用途に合わせウォレットを組み合わせて利用しましょう。


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設