仮想通貨の取引所はハッキング被害を受けている?主な対策について

仮想通貨の取引所はハッキング被害を受けている?主な対策について

仮想通貨の取引所はハッキング被害を受けている?主な対策について

 

仮想通貨のハッキング対策

 

仮想通貨とはインターネット上のお金なので、常にハッカーたちが狙っています。事実、過去に何度か仮想通貨取引所がハッキング被害に遭いました。仮想通貨がハッキングされないように、利用者はどんな対策をすればいいのでしょうか。

 

 

 

2014年3月に、ビットコイン取引所のマウントゴックスがハッキングされ、約114億円相当のビットコインが盗まれてしまいました。

 

 

 

この事件で、ビットコインなどの仮想通貨は危険な通貨だというイメージが付いてしまいましたが、ビットコインが脆弱だったのではなくマウントゴックスという取引所が脆弱だったのです。

 

 

 

このマウントゴックス事件では、ハッキングの他に内部犯行説というのも流布しました。仮に内部犯行だったとしても、内部の人間が簡単にビットコインを横領できるような管理体制に問題があったと言えるでしょう。

 

 

 

元々マウントゴックスは、ビットコインの値打が1ドルにも満たない頃にカードゲーム会社として発足したため、仮想通貨の管理に関してノウハウがなかったとも言われています。

 

仮想通貨の取引所はハッキング被害を受けている?主な対策について

 

2017年6月17日にはThe DAO事件が勃発しました。このときに狙われた仮想通貨はイーサリアムです。The DAO事件により、約50億円が消失しました。

 

 

 

これもイーサリアムが脆弱だったわけではなく、The DAOが脆弱だったのですが、この事件によりイーサリアムはイーサリアムクラシックと分裂したのです。

 

 

 

ある仮想通貨取引所では、入金が遅かったりよくハッキングされたりと、その脆弱性が指摘されていました。そこで、その取引所は弱点を改良して、現在は名前を換えて営業しています。

 

 

 

以前は脆弱だった取引所は敬遠されやすいのですが、逆に言えばハッキングの要因がわかり欠点を克服しているので、却って安全なのかも知れません。

 

必ず二段階認証にする

 

仮想通貨そのものはセキュリティが万全でも、取引所が脆弱だったらハッキング被害に遭いやすくなります。我々利用者がハッキングされないようにするには、どうすればいいのでしょうか。

 

 

 

まずは当たり前ですが、管理体制がしっかりした取引所を選ぶことです。インターネットで評判を確かめるのがいいのですが、デマの場合もあるので複数のサイトを参考にしましょう。

 

 

 

個人として大事なことは、必ず二段階認証にすることです。二段階認証にしたからと言って絶対に安全というわけではないのですが、しないよりはした方が遥かに良く、盗難保険も利きます。

 

 

 

また、複数の取引所を利用しましょう。取引所を分散して仮想通貨を管理すれば、リスクも分散されるというわけです。

 

 

 

他にも、財布の役割を果たすウォレットをオフラインで管理するなどの方法もあります。ハッキング対策をできる限り行い、大切な仮想通貨を守ってください。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設