仮想通貨の取引所へ登録してみよう・手続きの流れをご紹介

仮想通貨の取引所へ登録してみよう・手続きの流れをご紹介

仮想通貨の取引所へ登録してみよう・手続きの流れをご紹介

 

仮想通貨の取引所へ登録

 

仮想通貨を購入する際には、仮想通貨取引所登録する必要があります。それでは、取引所への手続きの流れをご紹介しましょう。取引所以外にも仮想通貨販売所がありますが、基本的には登録方法は同じです。

 

 

 

まずはインターネットで仮想通貨取引所を検索して探してみましょう。良さそうな、あるいは自分に合いそうな取引所のサイトを開いて、登録ボタンをクリックします。

 

 

 

そこには登録方法の手順が書かれているので、それに従って登録すればいいわけです。以下では、ある仮想通貨取引所での登録方法を説明します。

 

 

 

取引所に登録する際には、メールアドレスが必要です。そして、パスワードを入力する欄があるはずです。

 

 

 

この際、他のサイトで使っているパスワードは絶対に流用しないでください。大金が動く仮想通貨は、ハッカーに狙われやすいのです。また、単純なパスワードは避けましょう。

 

仮想通貨の取引所へ登録してみよう・手続きの流れをご紹介

 

パスワードの文字数は取引所によって違いますが、できれば最大文字数で登録してください。英字と数字、記号を組み合わせて、できるだけ複雑なパスワードにするべきです。

 

 

 

メールアドレスとパスワードを入力してメールを送ると、取引所から確認のメールが送られてきます。確認メールに貼ってあるリンクをクリックして、電話番号を入力します。

 

 

 

するとSMSで認証コードが送られてくるので、その番号を入力すれば登録は完了です。しかし、まだこれで終わりではありません。

 

二段階認証

 

二段階認証という項目があります。これは任意ですが、必ず行ってください。二段階認証をしないというのは、任意保険にも入らないで車を運転するようなものです。

 

 

 

二段階認証をしたから万全というわけではありませんが、ハッキング対策として絶対に必要です。盗難保険も、二段階認証をしておかなければ下りません。二段階認証の登録は決して難しくないので、手順に従い行ってください。

 

 

 

また、取引所によっては単なる登録だと入金に制限がある場合があります。入金を無制限にしたい場合は、本人確認を行いましょう。この場合、本人の写真が必要です。

 

 

 

自分の氏名や住所を入力して、自分の顔写真や免許証など身分を証明する画像を貼ってメールで送ります。すると後日、簡易書留で本人確認が完了した旨の通知が郵送されます。

 

 

 

なお、本人確認なしで無制限の入金ができる取引所もあります。

 

 

 

取引所に登録すれば仮想通貨の売買が可能になりますが、以降は全て自己責任となります。せっかく購入した仮想通貨もハッキングされれば水の泡となるので、セキュリティ対策は万全に行いましょう。

 


初心者が仮想通貨取引をするなら、こちらがおすすめ

仮想通貨の取引所は、リスクを最小限に抑えるためにも、複数開設が基本です。
この2つは、確実に登録しておきましょう。


国内最大級の取引所!セキュリティ面も充実で安心

bitFlyer(ビットフライヤー)

 


日本最大級の取引所です。
多数の大手企業から出資を受けていて、資本力は国内で第1位!
信頼性が高く、安心して仮想通貨の取引が行えます。
不正ログイン補償サービスなどセキュリティ面も充実しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー口座開設



手数料のお得さで大人気♪

Zaif(ザイフ)

 


ビットコインの現物取引手数料が、-0.01%とかなりお得な取引所!
そして積立投資(コイン積立)ができる!他社と比較しても珍しいサービスです。




仮想通貨交換業者に登録が完了しています。今すぐZaifに登録

Zaif口座開設